--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.01.21 *Thu

DVD「p.s アイラブユー」

最近の一番の楽しみは、映画&DVD鑑賞

自分勝手な感想書いていきま~す


最近見た中でお気に入りは「p.s アイラブユー」です

内容は・・ぶつかり合いながらも仲の良い新婚??夫婦。夫が突然脳腫瘍で他界する。
夫のいなくなった部屋に、夫の面影を感じながら閉じこもる妻。
そこに突然 夫が生前に用意していたメッセージテープ
手紙が届き始め夫の導きで 妻がポジティブな気持ちを取り戻していく。
と言った感じの若干ベタなストーリー???

原作本を読まれてる映画ファンの方の感想では、評価はいまいち?
夫が手紙を残す課程のやりきれないような感情みたいなのがなくて残念。
という記事もあったけど

私的にはあえて悲しい部分を省いたような造りがすごくよかった

喧嘩から仲直りする場面から始まるんだけど
その後すぐお通夜?みたいな、お別れ会?みたいな場面に変わる。
えっ??何で亡くなったの??

妻は笑顔で参加してる。夫の死、覚悟出来てたんだ。。

その後も悲しみの場面はなく、最後の方に一度だけ妻が涙するけど
ストーリー全般に悲しい色がなくて、夫との思い出がすごく鮮明で
愛があって、ちょっと笑えたり

p.s アイラブユー


私、こーゆうお話で悲しいところをすごく悲しく描いてるの苦手です。。

多分映画に求めるものが 
擬似体験とか非現実な世界とかだからだと思う。

本当に辛かったり、悲しかったりしたことがあって
(私の場合母の死だけど・・これは結構前の話なんだけどね

またよく似た場面に遭遇した時、すぐにその時の気持ちと
リンクしてしまう。。
私にとって人の死の悲しみは 辛い現実的な体験なんで・・

悲しいに決まってるところは省いて
その先のことを中心に明るく描いてるところがすごくよかった

よくわかんないけど、そういう所が監督の色が解るところなのか
どうとらえるのか、何に焦点をあてるかで
全く違う作品になるんだろうな。。
ん~~映画の世界って奥深いんだ~


それはそうと、夫役のジェラルド・バトラーがいいのよね~
(オペラ座の怪人もよかった!)

演技派俳優!パワフル~他の作品も観てみたいな!

ジェラルド・バトラー
あっちなみにタイプではなく、好きなのはジョニーです
(誰も聞いてないか
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

プロフィール

歩

Author:歩
いらっしゃいませ♪ようこそ!

歩(あゆみ)と申します。

ジョニー・デップ 大好きな主婦です♪

趣味・・・映画鑑賞♪
     お菓子作り♪
     フィギュアスケート観戦♪
    (真央ちゃん・大輔くん)

日々の生活、感じた事を
気ままにのんびり
綴っていこうと思います!

















ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © あるいて ゆくみち All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。