--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.01.29 *Fri

DVD「マディソン郡の橋」 ・・・ 娘と息子^^

映画&DVD浸りの日々が続いています

p.sアイラブユーが良かったので、
同じ監督(リチャード・ラグラヴェネーズ)の作品が観たくなり
ちょっと古いけど、昔話題になっていた,マディソン郡の橋をみてみました

不倫のお話です。

4日間で出会い~別れがあり
その4日間で人生最後の時まで二人は強い絆を感じる。といったストーリー。

主人公のフランチェスカ(不倫した母親)が老いて亡くなり
遺品の中から息子と娘に宛てた不倫の告白文を
40代くらいになっている その兄妹が読み進めていく中で話も進んでいくの。

今のところ同じ経験はないけど
フツーの主婦としての生活・気持ちと女としての気持ちには共感できるものがあった

・・本題から外れる感想だけど

私が一番印象に残ったのは、40代の息子の言葉。

「息子にとって母親というものは神聖なもので性欲何てあって欲しくない!」

妹にいつまで子どもなの??ってたしなめられるんだけどね

母にとって息子って特別な存在だけど,息子にとっても母は特別なんだろう

息子のいる母の立場として↑のセリフがすごく印象深かった
40歳過ぎていようと息子はいつまでも息子なんだね。

その点、娘はだんだんと親子の距離が縮まってくる気がする。

親子の上下から女同士として並び年老いてからは母が娘に従う・・。

映画の中でも娘は母の気持ちよくわかってたし・・

だからこそ息子っていつまでも可愛いんだろうな~
私の元に、娘も息子も生まれてくれた事に感謝しよう

と、本題とはかけ離れた感想でした

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

プロフィール

歩

Author:歩
いらっしゃいませ♪ようこそ!

歩(あゆみ)と申します。

ジョニー・デップ 大好きな主婦です♪

趣味・・・映画鑑賞♪
     お菓子作り♪
     フィギュアスケート観戦♪
    (真央ちゃん・大輔くん)

日々の生活、感じた事を
気ままにのんびり
綴っていこうと思います!

















ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © あるいて ゆくみち All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。